福利厚生・社内制度 福利厚生・社内制度

福利厚生・社内制度

ハッピーライフプロジェクト

両備グループの社員とその家族が幸せな生活をおくるために、両備グループでは様々な取り組みを行っています。
不安のない環境で自らの能力を十分に発揮し、良い製品をつくり、良いサービスを提供し、お客様に喜んでいただきたい。そしてお客様に喜んでいただくことにやりがいを感じ幸せに働く。それが会社を発展させる力になると考えます。

生活支援

約50社ある両備グループの関連企業で販売する商品やサービスの割引制度があります。

健康増進への支援

両備健康づくりセンターを中心に、健康診断や健康相談、健康づくり事業、各種契約施設の割引提供等の取り組みを行なっています。(※)

(※)両備健康づくりセンターは、両備グループ社員及び家族の健康維持・増進や健康で明るい生活をサポートしています。
詳しくは両備健康づくりセンターHPをご覧ください。

能力開発

両備教育センターを中心に、新入社員教育・各種研修・管理者向けセミナー等、両備グループ共通テーマについて、人財育成を行なっています。

仕事と生活の両立支援

少子高齢化にともない、働きかたが大きく変化しています。両備システムズでは仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)を実現できるよう、さまざまな制度を設け、職場環境の整備に取り組んでいます。 また管理職を対象とした研修や、育児中の社員を中心とした情報交換会の開催など、制度の利用を促進するための取り組みも進めています。

育児に関する制度

出産準備休業・産後休業・育児休業・配偶者出産休暇・育児短時間勤務・時間外労働の免除・時間外労働の制限・深夜業の制限

介護に関する制度

介護に関する制度

介護休業・介護休暇・介護短時間勤務・時間外労働の制限・深夜業の制限


平成26年5月、次世代育成支援対策推進法に基づき、「子育てサポート企業」として認定を受けました。また「おかやま子育て応援宣言企業」として、平成20年5月に登録されています。

おかやま子育て応援宣言企業とは、岡山県内の企業が、雇用する従業員の子育てや地域における子育てを応援する取り組みを宣言し、岡山県が企業の取り組み状況を確認して登録を行う制度です。

健康経営への取組み

岡山市White+(ホワイトプラス)表彰制度において表彰

岡山市White+(ホワイトプラス)表彰制度において表彰

岡山市が進めている「健康経営」と「ワークライフバランス」を積極的に推進する企業を表彰する「岡山市White+(ホワイトプラス)表彰制度」においてRSの取り組みが評価され、賞状が授与されました。

評価された取り組み内容

  • 健康経営の実践において、各年代の健康課題にあわせたセミナーを実施する等、従業員への健康教育を徹底。
  • 健康コンサルタント(保健師)を配置し、健診結果に基づいた通院状況の確認等の相談対応を実施し、従業員の健康づくりを促進。
  • 独自の社内制度により、制度適応を超える従業員についても育児・介護休業等を取得可能とするといった育児・介護休業法を上回る取り組みを多岐にわたって実施。

 

参考:健康経営・ワークライフバランス推進事業者表彰制度について
http://www.city.okayama.jp/keizai/sangyouseisaku/sangyouseisaku_00019.html

 

おかやま健康づくりアワード表彰制度において表彰

おかやま健康づくりアワード表彰制度において表彰

岡山県内における職場や地域で、健康づくり活動に積極的に取り組む企業や団体を表彰する「おかやま健康づくりアワード表彰制度」において、両備システムズの取り組みが評価され、職場部門5社のうち、1社として表彰されました。

評価された取り組み内容

  • 30歳未満を対象とした健康セミナーの実施や、30歳以上のリスクのある従業員に対する保健師による指導を実施している。
  • 建物内禁煙にしており、月1回の禁煙デーや、禁煙コンテストの実施、禁煙外来の受診費用やニコチン製剤購入代金の費用助成などの喫煙対策をしている。

各種クラブ活動

野球・サッカー・テニス・バレーボール・ゴルフ・華道・英会話など、社員が集まって設立した会社公認のクラブが数多くあります。これらのクラブは両備システムズグループの社員であれば誰でも参加できるため、趣味を通じて交流を広げることができます。