トラックバース管理システム

業種:
  • 運輸交通
ソリューション:
  • AI/IoT

運送・倉庫業界が抱える現状の課題

慢性的な人手不足

物流量の増加のみならず、2024年・2025年問題で直面する労働環境の激変によりドライバーの確保だけでなく、庫内スタッフの省人化への対応を迫られている企業様が多い。

進まないIT化

業務効率化のためにはIT化が不可欠だが、どのようにIT化を進めたらいいかわからない、サービス、商材等の情報量が不足している、等の理由から進んでいない。

長い労働時間

働き方改革が提唱されながらも、業界の特色として人手による運用が多く、庫内スタッフ・ドライバー共に労働時間、拘束時間の削減が進んでいない。
またそのために働き手が増えず、人手がさらに不足するという悪循環に陥っている。

トラック輸送の倉庫における荷降ろし待ちの手待ち時間

トラック輸送の倉庫における荷降ろし待ちの手待ち時間

トラックバース管理システムの主な特徴

トラックの荷降ろし場の効率的な稼働を実現します。

カメラやセンサーを用いて、バースのトラックの在車を判定

カメラやセンサーを用いて在車判定をするので、人が見て判定する手間がなく、また即座に在車判定ができます。

表示機、招き灯などの視覚や、音声放送などの聴覚で伝達可能

警備員などの誘導する人を雇わなくても、ドライバー自らが確認して駐車することができます。

ドライバーのガラケー・スマートフォンへの通知(SMS等)も可能

表示機や招き灯、音声放送等がなくても、ドライバーへ直接接車案内が可能になります。
また、場外チェックインと組み合わせる事で、限られた場内待機場の有効活用が可能となります。

管理者は荷役業務の進捗状況や現在のトラックバースの稼働状況を確認

IoT・画像解析技術の活用により、管理者が遠方にいる場合でも効率的に管理することができます。

利用イメージ

表示器・招き灯・SMSへの連動イメージ

また、自社開発パッケージのため、クラウド型、オンプレミス型、各種オプション機能など、機能単位で取捨選択が自由に行なえます。
お客様独自のシステムとの連携や、導入後の機能追加も可能です。