ネウボラ支援システム ネウボラかるて

業種:
  • 健康医療
ソリューション:
  • 子育て支援

「ネウボラかるて」は、集団健診・家庭訪問などの母子保健業務のデジタル化を促進します。

ネウボラとは

フィンランド語で「相談する場」という意味です。
安心して出産・子育てできる環境を目指し、妊娠から出産、子育て期までの「切れ目ない支援」の実現に向けた自治体様の取り組みを包括的にサポートします。

子育て支援の事業のお悩みを解決します

いつでもどこでも必要情報の確認・記録が できるようにしたい、Webを活用することで問診や、事業の参加申込の受付等を便利にしたい、紙管理をやめてデジタル化し、集団健診や訪問の業務を 効率化したい、セキュアな構成で データ連携や情報共有を おこないたい

ネウボラ支援システム「 ネウボラかるて」の特長

タブレット活用

  • 必要なデータがいつでもどこでも確認でき、住民様の支援にご活用いただけます。

  • その場でデータを入力することで、記録の即時共有や事務作業を効率化できます。

Web予約・問診

  • Webから来庁予約や問診回答ができることで、住民サービスの向上に繋がります。

  • リアルタイムで閲覧・連携でき、問診項目のデジタル化や問診結果の事前確認・要フォロー者の早期発見を支援します。

業務効率化

  • 手書きの削減やWebデータの連携によって、職員様の入力にかかる手間を軽減できます。

  • システムでデータを一元管理することで、事業対象者の抽出や健診結果の集計等が簡単になります。

セキュアな運用

  • 紙カルテの保管、運搬が不要となり、紛失等のセキュリティリスクを軽減できます。

  • 万が一端末を紛失した際も、端末本体にはデータを持たないため、安心です。

豊かな拡張性

  • 現状の課題や要望をお伺いし、運用に寄り添ったご提案をいたします。

  • 全国のユーザー様のお声を基に、サービスを拡充していきます。

ネウボラ支援システム「 ネウボラかるて」の機能概要

閉域Simタブレット

閉域Simタブレット

訪問先や健診会場で、タブレットからいつでもどこでも情報照会が可能です。その場で入力も可能です。

Web問診、Web予約

Web問診、Web予約

自宅で好きな時間に、忘れた場合も健診会場ですぐに、スマホから事前問診や予約が可能です。

親子・世帯の結びつけ

親子・世帯の結びつけ

母親と子ども、個人と世帯を結び付けることで、世帯単位での健康情報の横断的な管理が可能です。

親子ポータル

親子ポータル

母子の健康情報をひと目で確認可能です。システム側からの注意喚起、子育ての包括的な支援をサポートします。

ジェノグラム

ジェノグラム

ジェノグラムをシステム上で作成・管理可能です。テンプレートを複数保存しておくことで事務負担を削減します。

キャビネットOP

キャビネットOP

Excel、Wordや画像などの電子データを個人に紐づけて管理可能です。詳細な閲覧権限設定も可能です。

柔軟な入力画面設定

柔軟な入力画面設定

必須項目や表示順の変更は随時可能です。健診会場での結果登録、測定・検査コーナーごとに最適な入力画面を設定可能です。

自由にデザインできる帳票

自由にデザインできる帳票

Excelをベースに自由にデザイン可能です。母子保健事業ならではの多様な帳票に柔軟に対応します。

汎用的な抽出・集計

汎用的な抽出・集計

すべての項目から抽出・集計が可能です。フォロー者をあらゆる角度からピックアップし、切れ目ない支援を実現します。

ネウボラ支援システム「 ネウボラかるて」の運用イメージ

ネウボラかるてソリューション図

Point 1

場所・時間を選ばず、母子関連の情報を入力・確認可能

Point 2

オンラインの問診入力など、自治体様と住民様の接点として、住民サイトを活用

Point 3

問診情報/健診情報等のシステム連携はLGWAN・閉域網でセキュアに接続