Microsoft Office 365連携基盤 R-Cloud Proxy for Microsoft Office 365

業種:
  • 公共
ソリューション:
  • クラウド

Why「Microsoft Office 365」×「R-Cloud」?

総務省が通達した「自治体情報システム強靭性向上モデル」により、各自治体はインターネットへ接続するPCとLGWANへ接続をするPCの分離が必須となり、セキュリティ対策の観点からLGWAN回線よりパブリッククラウドの利用ができなくなりました。ネットワークを分離することで利用するPCが増えるに伴い、Officeライセンス数も必然的に増加してしまいます。

セキュリティ対策に伴う課題

  • 課題1:「自治体情報システム強靭性向上モデル」によりパブリッククラウドの利用ができない
  • 課題2:ネットワーク分離により、クライアントに必要なOfficeライセンスが増えてしまう

 

この課題を、Microsoft Office 365とR-Cloudを組み合わせて解決します。ライセンスコストを増やさずに、セキュリティも万全なOffice 365による業務効率のメリットをご提案します。

 

セキュアなLGWAN回線でOffice 365のサービスを提供

両備システムズのクラウド環境上に構築した専用プライベートネットワークから、Microsoft Azureの閉域網接続サービス「ExpressRoute」を経由してOffice 365へアクセスします。自治体様はインターネットを経由することなく、セキュアな通信環境でOffice 365をご利用いただけます。

連携サービス基盤「R-Cloud Proxy」がLGWANへのアクセス制御(ゲートウェイ)の役割を果たし、利用が許可されたアカウントのみがOffice 365へアクセスできます。このアクセス制御は管理者が設定可能です。

特長

特長1

特長1

セキュアな閉域網のLGWANネットワーク環境で利用可能

特長2

特長2

独自の認証APIでMicrosoft社のアプリケーションとシームレスな連携が可能

特長3

特長3

LGWAN-ASPサービス提供事業者として既に実績のある弊社データセンターから利用可能

サービスイメージ

Microsoft Cloud Platform

R-CloudProxy

LGWAN

※1:アカウント情報を確認するため、Ryobi-IDCから日本マイクロソフト社の認証局へのインターネット回線を利用した通信が発生します。

Microsoft Office 365とは?

Microsoft Office 365とは、日本マイクロソフトが提供する、パブリッククラウド型のサービスです。クラウドサービスであるため、ハードウェア等のメンテナンスは必要ありません。また、端末台数に応じた課金ではなく、利用ユーザ数に応じた課金体系となっており、庁内の異なるセグメント間でも効率的にライセンスを利用することができます。

両備システムズのR-Cloud Proxyと組み合わせて利用可能なサービスは下記のとおりです。※利用可能なサービスは、追加および変更となる場合がございます。

Office 365 ProPlus

Office 365 ProPlus は、生産性ソフトウェア (Word、Excel等)をコンピューターにインストールして使用できます。ユーザーは最大5台のPCまたはMacで、およびモバイルデバイスでOfficeを使用できます。詳細は日本マイクロソフト社の製品ページをご覧ください。