製品・サービス

PRODUCTS / SERVICE

不正接続検知遮断システム RS-SHADAN

持ち込みパソコン/BYOD端末は不正アクセス対策で利用禁止に!

未許可の持ち込みパソコンやスマートフォン・タブレットを社内ネットワークへの接続を許すことで、管理が不適切なパソコンからの情報漏えいや持ち込みパソコンから社外秘情報の盗難、ウイルス感染した持ち込みパソコンから感染が拡大し業務が停止など、起こってしまった場合のインパクトが非常に大きくなっています。

(右図は:個人情報漏えいインシデント件数と比率、2012年JNSA調べ)
(参考:http://www.jnsa.org/result/incident/2012.html

sw-RS_SHADAN_byod001.png
 

端末認証でネットワークのセキュリティを強化

端末認証(MACアドレス認証)でネットワークのセキュリティを強化! RS-SHADANがパソコンやスマートフォン・タブレットの不正接続を検知、ネットワークから遮断して情報資産を守ります!

sw-RS_SHADAN_byod002.png
 

RS-SHADANの概要

自動遮断
未登録や期限切れのデバイスを検知した場合やウイルス対策ソフトや総合セキュリティ管理ソフトなど他製品がセキュリティアラートを検知した場合(連携遮断)に、自動遮断を行います。
手動遮断
管理者が遮断を指示できます。ソフトウェア資産管理ソフトなど他製品との連携も可能です。

主な機能

収集

事前にデバイス情報(MACアドレスなど)を収集します。

監視

許可MACアドレス(MACアドレス認証)や接続有効期限といった設定されたポリシーを元に監視します。

遮断

ポリシー違反を検知したデバイスを自動で遮断、または管理者が手動で遮断できます。他の製品と連携し、遮断を指示することもできます。

その他
タグVLANに対応
デバイス情報のインポート、エクスポート
デバイスをセグメントごとに管理可能
遮断理由を利用者に通知
遮断中もWSUSやウイルス対策ソフトのアップデートサーバとの通信は許可
機器情報の定期リフレッシュ

RS-SHADANの仕様

製品  
マネージャ
仕様(閾値) 2,000
構成 本システムに1台必要。マネージャ1台に対し、センサーN台の構成。
センサー
仕様(閾値) 20,000
構成 センサー1台で6セグメントまで対応。タグVLANに対応。

価格

オープン価格 評価機器の無料貸出中です。お気軽にお問い合わせください。

 

導入・運用・管理のQ&A

導入
社内ネットワーク構成の変更や工事が必要ですか?

変更や工事は不要で、セグメントなど既存のネットワーク構成が利用できます。RS-SHADANの機器を接続するだけです。

初期設定は簡単ですか?

はい、既存のネットワークに繋がっている機器のMACアドレス等を自動で収集します。収集した情報を使って機器を登録管理できます。

運用
遮断はどのように行いますか?

登録管理していない機器を検知すると自動で遮断します。

遮断の解除はどのように行いますか?

管理者が管理画面から解除したい機器を選んで解除します。

管理
新しくパソコンを買ったなど接続したい機器が増えたらどうすればよいですか?

管理者が管理画面で新しく追加された機器の情報を登録します。登録管理すれば接続できるようになります。

不正接続の監視はどのように行いますか?

遮断が動作した場合にメールで通知できます。これによって必要な場合にのみ監視を行うようになります。

価格

お問い合わせください。RS-SHADANの評価機器も無料貸し出し中です。

この製品・サービスのお問い合わせはこちら

ソフトウェア事業部
ソフトウェア適用SIサービス、ベーシックソフト製品開発、技術者派遣

086-200-1120

受付時間  平日 9:00~17:30

FAX:086-200-1140

TOP