カスタマイズ型倉庫管理システム Ryobi-WMS

業種:
  • 製造
ソリューション:
  • 開発ツール

物流・倉庫業向け倉庫管理システム

Ryobi-WMSは、WMS(Warehouse Management System)に必要な機能をテンプレートとして準備しており、お客様の要件・要望に応じて自由にカスタマイズすることができるシステムです。パッケージシステムにはない高い柔軟性により、お客様固有の業務ルールや作業内容、各種データ連携をシステムに反映させ、貴社オリジナルのWMSを構築します。

概要

カスタマイズ型倉庫管理システム(Ryobi-WMS)は、入出荷・保管といった倉庫における「庫内物流」の正確性とスピードアップを実現する仕組みです。 倉庫管理をする上で、出荷・検品の手間やミス、業務の属人化といった課題があります。 また、リアルタイムに在庫状況を確認するために、無線ハンディターミナルを活用し入出荷関連業務のリアルタイム処理と、それによる作業進捗の見える化を実現しました。さらに、貨物の輸送状況をWebで確認できる「貨物トレースシステム」を同時に整備。 庫内業務と輸送業務をITでバックアップし、お客様の物流品質と顧客対応力の向上に寄与します。

システムの主な特徴・導入効果

お客様のニーズに応じたWMSを構築

Ryobi-WMS一番の特徴は、WMSとして標準的な機能をテンプレートとして準備しており、お客様の要件・要望に応じて自由にカスタマイズすることができます。 パッケージシステムにはない高い柔軟性により、お客様固有の業務ルールや物流特性を把握し、各種データ連携をシステムに反映させることで貴社オリジナルのWMSを構築することができます。

在庫型/通貨型の物流に対応

Ryobi-WMSは、「在庫型」と「通過型」、双方の物流に対応しております。「通過型」に関しては、クロスドッキング(即出荷処理)に対応することで、庫内作業の効率化と納品リードタイムの短縮を実現します。 Ryobi-WMSは、多品種少量・短納期出荷が求められる物流において威力を発揮します。

タブレットPCを活用したピッキング処理

Ryobi-WMSは、ハンディータミナルだけでなくタブレットPCを活用したピッキング処理にも対応しております。 作業者は、大画面で色鮮やかなタブレットPCに表示される、ピッキング情報・各種アラート情報を確認しながら、的確にピッキング作業を進めることができます。 また、タブレットに各種帳票を表示できるため、ペーパーレス化の選択も可能となります。

システムブロック図

システム機能

入荷機能

入荷された商品に貼られているJANコード、又は納品書に記載された発注番号を元に、入庫指示データを特定し、入荷処理を行います。
JANコード・発注番号がわからない場合は、品名・メーカー品番による入庫指示データの抽出も可能です。

出荷機能

クロスドック品については入荷処理後に即出荷処理を行うことで、棚入・ピッキング処理が不要となり、作業効率が向上します。
ハンディーターミナルを活用したピッキング処理により、作業品質の向上を図ります。
出荷された箱情報と路線会社の送り状NOを紐づけることで、出荷後の配送状況の確認が可能です。

在庫機能

基幹システムからの出荷指示受信後に定期的に実行される在庫引当処理を行い、ピッキングリストを出力します。
商品入荷時に、入荷商品に対して在庫引当処理を行い、引当状況に応じて内容明細シール出力(単独即出荷)または、発注番号シール出力(棚入)を行います。
在庫引当解除及び在庫引当調整処理が可能です。
全棚卸と循環棚卸の両方をサポートします。

基幹連携

お客様の基幹システムとのデータ連携については、インターフェイス項目を綿密な調査の上で連携設計を行い、的確なデータ送受信を実現します。

システム環境

開発・動作基盤 Microsoft .NET Framework (クライアント/サーバー型システム)
開発言語 Microsoft Visual C#
サーバーOS/DB環境
  • OS:Microsoft Windows Server 2016
  • DB:Microsoft SQL Server 2017
※最新の環境に対応いたします
クライアント動作環境
  • クライアントOS:Microsoft Windows 7,10
  • クライアントOS実行環境:Microsoft .NET Framework
  • Android OS 7.1.2