クラウドにも対応 統合型校務支援システム RYOBI-校支援

業種:
  • 教育
ソリューション:
  • クラウド
  • BCP

教育DXへ、進化を続ける統合型校務支援システム

教育DXへ、進化を続ける統合型校務支援システム

『RYOBI-校支援』は学校業務の効率化を全力でサポートする統合型校務支援システムです。
20年を超える豊富な運用実績を基に、学校現場の先生方のニーズを分析し、
校務における負担軽減の一翼を担うシステムです。

先生方の負担が軽減されることで児童生徒のための時間を創出が可能となり、
ひいては学校・自治体内の教育の質の向上につながります。

“アフターGIGAスクール”の取り組みにおいて、
子ども(保護者)・先生(学校)・地域との連携をICTを使って実現する教育DXも実現可能です。
生徒の学習データ等の様々な情報と校務支援システムとの連携を図るなど、今もなお進化し続けるシステムです。

簡単な操作性

簡単な操作性

初めてでもカンタン。誰もが使いやすい直感的な画面構成なので、新規導入はもちろん現在ご利用中のシステムからの移行もスムーズに対応が可能です。

業界屈指の多彩な機能

業界屈指の多彩な機能

業界屈指の多彩な機能で多岐に渡る学校業務をカバー。ご予算やご要望に合わせてフレキシブルに導入することが可能です。

厳重な情報セキュリティ

厳重な情報セキュリティ

クラウドまたはセンターサーバ⽅式での運⽤が可能です。個⼈情報を安全確実に保管する「厳重な情報セキュリティ」を確保しています。

学校業務の効率化を実現する多彩な機能

多岐にわたる学校業務を業界屈指の多彩な機能でカバーする統合型校務支援システム

 「RYOBI-校支援」は学校業務を幅広くカバーする豊富な機能を搭載。在籍期間中の情報はすべてデータベースに蓄積され、学校内や自治体内で情報の共有を図り、蓄積されたデータを必要に応じて分析し活用できます。また、お客様にとって必要な機能を必要なタイミングで導入できるので、将来的には校納金管理、備品管理機能を導入したい・・・など、学校現場のニーズに細やかに対応します。

統合型校務⽀援システムとは

統合型校務⽀援システムとは、「教務系(成績処理、出⽋管理、時数管理等)・保健系(健康診断票、保健室来室管理等)、学籍系(指導要録等)、学校事務系など統合した機能を有しているシステム」を指し、成績処理等だけなく、グループウェアの活⽤による情報共有も含め、広く「校務」と呼ばれる業務全般を実施するために必要となる機能を実装したシステムです(出典:⽂部科学省「統合型校務⽀援システムの導⼊のための⼿引き」より)

グループウェア(先生のポータルサイト・情報の共有・メール機能)

グループウェア(先生のポータルサイト・情報の共有・メール機能)

情報確認・共有の時間短縮!
直感的に利用しやすく、ストレスフリーな操作性!

● メール機能 ● 掲示板機能 ● 回覧板機能
● 行事予定管理機能 ● 文書管理機能 ● 学校日誌機能
● ライブラリ機能 
● アンケート機能  ● スケジュール機能

教育委員会、各学校の内部情報の共有と、各関連システムとのシームレスな連携を考慮した教職員向け専⽤の"インフォメーションポータル"です。教育委員会から各学校への通達、校内や複数の学校間にまたがる部会・部活動等、様々な シーンで情報の発信・共有を図ることができます。「電⼦メール」「イントラネットメール」「⾏事予定」「電⼦掲⽰板」「施設予約」等の他、スケジュール管理機能により、"今⽇は何をするべきか?"、"どんな会議がはいっているの か?"といった情報をタイムリーに表⽰し、教職員の業務を強⼒にサポートします。

学籍管理・成績管理・出欠管理

学籍管理・成績管理・出欠管理

児童・生徒情報を細かく管理!
データの蓄積により、帳票作成の時間削減!

● 出欠入力 ● 成績入力 ● 帳票出力/印刷
● 個人カルテ管理 ● 児童・生徒名簿の管理 
● 日常所見管理
● 調査書作成 ●通知表作成 ● 指導要録作成

児童・⽣徒の基本情報を基に、⼊学から卒業までの様々な活動情報(出席情報、成績情報、部活動・委員会活動、保健情報等)をすべて⼀元管理できるシステムです。⼩学校向け、中学校向けの各システムは、それぞれの学校の運⽤形態に合わせ、機能や帳票を選択することが可能です。児童・⽣徒の⼀元管理された情報から、効率的に通知表、指導要録、調査書等を作成することができます。また、指導や⾯談時等には、タイムリーに必要な情報を検索・参照でき、個⼈⾯談資料等の帳票を印刷することも可能です。

週案・時数管理

週案・時数管理

指導計画の作成時間の削減!
クラス時間割にも自動で反映!

● 時間割管理 ● 週案管理 ● 時数管理 
● 年間授業時数 
● 年間時間割 ● 基本時間割
● クラス別基本時間割 ● 教育カレンダー

年間指導計画および基本となる時間割を作成することにより、各クラス単位に週ごとの週案(週指導計画)ひな形を作成できます。担任⽤または教科担当者⽤の週案⼊⼒画⾯より詳細内容を⼊⼒します。1時限を分単位に複数の教科や⾏事に分割して設定することも可能です。作成された週案をもとに、⽉単位・学期単位に時数を集計し⼀覧表⽰等が可能です。

保健管理

保健管理

出欠・来室記録など他機能の連携により業務効率化!
市内全学校のデータを一括集計!

● 保健日誌 ● 来室記録 ● 健康相談 ● 健康診断
● 健康診断(歯・口腔) ● 成長曲線 ● 出席停止報告
● 臨時休業報告 ● 検診結果出力 ● 体力テスト管理

児童生徒が保健室に来室した記録の管理や、
出欠管理機能・来室記録機能と連携して
保健日誌を作成することができます。
また、身長・体重や視力検査、歯科検診等、
健康診断の結果や体力テストの結果も管理することができ、
健康診断票や各種治療勧告書を出力することが可能です。
成長曲線・肥満度曲線については、Excel原票に変換することなく、
直接システムから出力できる公益財団法人日本学校保健会推奨システムです。

備品管理

備品管理

備品の購入から廃棄までをシステム化して電子管理!

● 備品登録 ● 備品台帳 ● 廃棄処理 
● 購入処理 ● 薬品管理

『RYOBI-校支援』で備品の管理を行えます。
登録した備品は、様々な項目を用いて検索することができます。
また、保管場所や廃棄情報も一元管理できるので必要な情報の検索等が容易になり、業務を効率化することができます。

校納金管理

校納金管理

学校公費・私費を安心かつ効率的に管理可能!

● 集金計画 ● 集金処理 ● 支出計画 ● 決算処理 ● 口座管理 ● ファイル連携

各学校ごとに児童・生徒から徴収する校納金管理が行えます。
年間の集金計画の作成から会計報告までの一連の事務処理を行います。
口座振替は複数の口座に対応しているので、保護者に新たな口座を開設していただく手間を省くことができます。

勤怠管理機能

勤怠管理機能

学校現場に対応した勤怠管理機能

● 教職員の勤務状況(出退校時間や超過時間等)を可視化
● 出張申請や休暇申請、出勤簿の作成等、グループウェアと連携

統合型校務支援システム『RYOBI-校支援』と一体となった教育現場に最適化された出退勤管理機能です。
PC画面、タッチパネル画面、ICカード打刻に対応した簡単打刻機能、勤務超過時間等を簡単に集計しリスト表示する簡単集計機能、全学校の教職員の勤務状況を簡単に把握できる教育委員会管理機能などを備え、“学校における働き方改革”の一環として、先生方の日々の実勤務時間を登録し、勤務状況や超過時間の“見える化”を実現します。

クラウド対応可能 運用方式自在の統合型校務支援システム

導⼊⽅式は、クラウド⽅式またはセンターサーバ⽅式で運⽤が可能です。予算規模やご利⽤⽤途に合わせてお選びいただけます。

クラウドサービス型

cloud.jpg

⾃治体のネットワークと両備クラウドセンター(RYOBI-IDC)とを専⽤のネットワークで接続し、IDC内の校務⽀援システムをご利⽤いただく⽅式です。

両備クラウドセンター(RYOBI-IDC)について

⾃然災害が少なく交通の便にも優れた⽴地条件の良い岡⼭県南部に位置するデータセンターです。

  • 365⽇24時間運⽤可能
  • メンテナンスフリー
  • 低災害地域(岡⼭県)
  • 強固なセキュリティ
  • 免震構造
  • 電源の⼆重化
  • ⾃家発電装備

センターサーバ型

center.jpg

⾃治体の保有するデータセンター内にサーバ群を設置し、広域WANを活⽤する運⽤⽅式です。複数の学校で同⼀のシステムを利⽤する場合や、複数の学校間で情報を共有する場合に最適です。

保守とサポート

導入前から導入後まで、安心の保守・サポート体制

様々な自治体への導入により培われたノウハウで、現場ニーズの取りまとめや導入計画策定をお手伝いします。「RYOBI-校支援」が、現場の先生方のツールとしてスムーズに運用され活用していただくよう、保守・サポートに力を入れています。

サポートメニュー

導入前から導入後まで、充実のサポート体制

「操作研修」「導入時・導入後サポート」「定期的なアフターフォロー」「現地訪問」など。その他「新任研修」などもご用意。

ヘルプデスク

使い方からテクニカルまで、一つの窓口でご対応

使い方のご確認から、テクニカルな内容のご質問まで、トータルでお問い合わせいただける専用窓口を設置。ストレスフリーのご対応が可能です。平日のヘルプデスクの他に、繁忙期の時間延長サービスも行っています。

アップグレード対応

通知表における教科所見の追加や観点数の変更など、学習指導要領の改訂や法令改正によりシステムの改修が必要な際には、保守の範囲内でシステムのアップグレードを行います。 (別途、保守契約が必要です。)

このようなお声にお応えします

校務支援システムを導入したいけど、どうすればいいの?

さまざまな自治体への導入により培われたノウハウで、現場ニーズの取りまとめや導入計画策定をお手伝いします。また、自治体に合った校務の情報化を提案します。

校務パソコンを導入したが、データ管理などのセキュリティが心配

児童・生徒の情報は、すべてサーバ内に保管されます。各情報、機能は権限設定やアクセス制限でセキュアに管理します。

先生の負担を軽減し、児童生徒指導の時間を創出したい

校務の情報化によって、業務が大幅に効率化され作業時間も大幅に短縮し、本来充実させるべき児童生徒教育のための時間を創出します。

システムを導入後の運用コストが心配

クライアントOSに依存されないWEBシステムで、クライアント運用コストを大幅に軽減します。

学校内や自治体内で情報の共有を図り、様々な情報を有効に活用したい

在籍期間中の情報はすべてデータベースに蓄積されます。蓄積されたデータを必要に応じて分析し活用できます。

動作環境

個別PCへの設定の不要なWEBシステム

RYOBI-校支援は、PCへの個別ソフトウェアインストールや設定の不要な、『Webシステム』として構築されています。

クライアントPCの動作環境
OS Windows 10以降
CPU Intel Celeron相当以上
メモリ 4GB以上
Webブラウザ Internet Explorer11以上(2022年6月まで)  Microsoft Edge Google Chrome