民間サービスにおけるマイナンバーカード利活用

業種:
  • 業種共通
ソリューション:
  • 働き方改革
  • セキュリティ

民間サービスにおけるマイナンバーカード利活用モデル

Case 01

入退館システム

・・・

庁舎、社屋などのセキュリティ強化のため、マイナンバーカードを利用した入退館管理システムの構築
および、庶務事務システムへのデータ提供を行います。

背景・課題

①マイナンバーカードの普及・促進
現在国の主導する、「自治体DX 推進計画」における「マイナンバーカードの普及促進」における施策の一環として推進する必要があります。 マイナンバーカードの認証機能・ IC カードの空き領域などを活用した利用シーンの拡大を行うことが求められています。

②働き方改革
入退館と出退勤情報を紐づけ、労働者の勤務実態と比較することで、生産性を把握し、「働き方改革」を実現するための、施策立案等を行うことが求められています。

③建物セキュリティの担保
庁舎、社屋など、不審者、所属不明者などの侵入を防ぐため、なりすまし等を防止する必要があり、本人性が担保できるマイナンバーカードにて入退館システムを運用することで、セキュリティレベルを担保することが求められています。

入退館・出退勤システム

入退館・出退勤システム

● 入退館・出退勤制御装置
 ・火災報知設備からの警報信号受信による開錠
 ・イベント履歴情報の保持
 ・停電時におけるバッテリー内蔵 
 ・マイナンバーカードとフェリカカードの両方の照合ができる非接触カードリーダが接続可能
● 非接触カードリーダー
 ・地方公共団体情報システム機構またはサービス提供者が提供するカードAP(タイプC)を搭載し、マイナンバーカードの利用者ID が読み取り可能
● 入退館・出退勤管理システム
 ・カードリーダーで取得した認証情報を照合し、電気錠の開閉をコントロール
 ・勤怠イベントを毎日定時にCSV 出力する機能
 ・外部システムに、出退勤のデータを自動で連携するためデータを提供