【119】LIVE映像通報システム

業種:
  • 健康医療
ソリューション:
  • その他

通報現場の映像をリアルタイムに伝送

LIVE映像通報システム

サービス概要

LIVE映像通報システムは、スマートフォンのカメラ機能を用いて、
通報現場の映像をリアルタイムに伝送するシステムです。
通報者は、事前登録やアプリのインストールが不要で、緊急時でも簡単にご利用いただくことができます。

 

刻一刻と変化する通報者や通報現場の状況確認や、映像を用いた効果的な口頭指導、
消防設備の遠隔確認などのシーンにてご利用いただくことで、119番通報業務の質の向上に貢献いたします。

サービス概要

運用イメージ

運用イメージ
 
 
119番通報を受けた消防司令では、消防の判断により、必要に応じて通報者に対してLIVE映像通報の協力を依頼します。通報者が依頼に応じた場合は、通報者に向けてSMS(ショートメール)でLIVE映像通報専用URLを送信します。

SMSを受け取った通報者は、記載されているURLにアクセスするだけで、簡単にビデオ通話を開始することができます。

システムの特長

セキュリティ対策

2種類の3者間通話機能

タブレット対応

セキュリティ対策

通報者と消防司令、及び救急隊との映像伝送には、外部サーバを経由しない、匿名性の高い通信技術(P2P通信方式)が採用されております。これにより、外部サーバから映像という情報が外部に漏れるリスクを防ぐことができます。

2種類の3者間通話機能

一つは、通報者と消防司令、救急隊の三者間での通話を行うことができる機能です。もう一つは、通報者と消防司令間での映像伝送を救急隊がモニタリングできる機能です。この場合は、通報者は救急隊が映像伝送に参加したことを察知することはできません。

タブレット対応

消防司令側の端末はパソコンでの利用を推奨しておりますが、タブレット端末でご利用いただくことも可能です。

よくある質問

通信量は誰が負担しますか。

通信料は通報者負担となります。

通信量はどれぐらいかかりますか。

お使いの機種やカメラの解像度、通信環境により左右しますが、1分間で10MB程度です。

録画機能はありますか。

ございます。録画した映像は一般的な他社システムとは異なり、外部サーバではなく、パソコン本体にダウンロードされます。そのため、外部サーバ経由で録画した映像が漏洩するリスクはありませんので、ご安心下さい。

導入実績はありますか。

全国の消防局、消防本部様にてご利用いただいております。詳しくはお問い合わせ下さいませ。

試験利用は可能ですか。

可能です。詳しくはお問合せ下さいませ。

最短でどれぐらいの期間で導入できますか。

最短10営業日で導入可能です。