製品・サービス

PRODUCTS / SERVICE

電子決裁システム

電子決裁システムは、庁内の決裁事務を一元管理する事を目的としています。 ルート設定・承認行為を運用に合わせて柔軟に行うことができ、庁内意思決定の効率化をサポートいたします。

視覚的にわかりやすいルート設定

  • 決裁ルートは、視覚的にわかりやすい画面と直感的にわかりやすい操作方法により、簡単に作成することができます。
  • 個人毎に作成したルートを保存することができるため、一度作成した決裁ルートは何度でも呼び出して使用することが可能です。
  • 庁内の決裁規定をそのままルートに置き換えることができるため、決裁区分に合わせて初期ルートを表示します。
  • 遡及、先付け決裁にも対応しているため、指定日時点での職員情報で決裁ルートを作成することができます。
決裁ルート設定画面

決裁ルート設定画面
 

電子決裁(決裁ルートの種類)

決裁ルートの種類

 

機能 内容
直列 一人ずつ順番に承認行為を行います。
並列 複数人同時に承認行為を行います。
合議 他組織の承認を行ってから、自組織の上長に承認を得ます。
代決 決裁者が不在であることが予め分かっている場合、代理の決裁者を設定できます。
仮決裁・本決裁 上長の仮決裁後に承認行為を行い、再度上長の本決裁を行います。(主に合議とともに運用します)

電子決裁承認画面

電子決裁承認画面
 

電子決裁(承認の種類)

承認の種類
機能 内容
承認 承認を行い、次の承認者に文書を送ります。
引戻し 次の承認者が未承認の場合に、承認を引戻すことができます。
差戻し 自分より前の承認者に文書を差戻すことができます。
引上げ 自分より前で承認が滞っている場合、引上げを行い、自分の前の承認者へ回すことができます。
転送 自分の前に別の承認者を挿入することができます。その承認者が承認すると、再び自分の承認となります。
ルート変更 自分より後ろの承認ルートを変更することができます。
起案者による承認取消し 起案者であれば、最終決裁前であれば文書がどこにあっても承認取消しできます。

決裁処理の滞りを防ぐ

  • 期間を指定して承認権限(職務代理・代理決裁権限)を委任することができます。
  • 長期休暇中の職員様や、退職された職員様がいらっしゃる場合も、滞りなく決裁処理を行えます。
職務代理者設定画面

職務代理者設定画面

代理承認

gv-WO_06.jpg

システム体系

機能 内容
ルート設定機能 視覚的に分かりやすくルートの設定が行えます。
全庁ルート作成機能 決裁区分ごとに、全庁統一ルートの雛形登録が行えます。
組織ルート作成機能 組織ごとに、独自のルートの雛形登録が行えます。
個人ルート作成機能 個人ごとに、独自のルートの雛形登録が行えます。
マスタルート作成機能 全庁統一の固定の決裁ルートを作成できます。
ルート変更機能 決裁中にルートの変更が行えます。
遡及決裁機能 決裁日を指定することにより、当時の組織・役職にて決裁が行えます。
回覧期限機能 回覧期限を指定することにより、期限が近づくと強調表示されます。
仮決裁機能 合議の際などの、仮決裁が行えます。
代理決裁機能 不在時などの代理決裁が行えます。
差戻し機能 誤り、否決時の差し戻しが行えます。
引上げ機能 ルート上位者による引上げ処理が行えます。
一括決裁機能 一覧からの一括決裁が行えます。
簡易更新機能 決裁中の簡易更新が行えます。
履歴確認機能 簡易更新による、履歴の確認が行えます。
コメント入力機能 処理時に、コメントの付与が行えます。
コメント例文機能 付与するコメントの雛形の作成が行えます。
決裁通知機能 決裁時に、メールでの通知が行えます。
起案者による引戻し機能 起案者が引戻しを行う場合は、自動的に文書を取下げ、起案を無効にすることができます。

この製品・サービスのお問い合わせはこちら

自治体クラウド事業部/公共ソリューション事業部
官公庁システムの開発・営業・販売・サポート

086-264-0113

受付時間  平日 9:00~17:30

FAX:086-264-1159

TOP