製品・サービス

PRODUCTS / SERVICE

「Ryobi-IDC第3センター」オープン
(安心・安全な岡山の新データセンター)西日本

第3センター詳細.jpg西日本有数の立地条件のよい岡山に、最新のデータセンターがオープンいたします。開業予定は2020年夏です。
最新のファシリティ、最新の設備でお客様の大切な資産をお守りいたします!!
経験豊富なスタッフによる運用サービスもございます。ぜひ一度ご見学にお越し下さい。(お問い合わせはこちら

 

新センターの概要・スペック

所在地 岡山県岡山市北区
建物構造

S造・免震構造・地上3階
建築面積・・・1,046㎡
延床面積・・・3,049㎡

サービス提供日 2020年夏OPEN予定
収容ラック数 最大520ラック(260ラック×2フロアを予定)
ラック搭載可能重量 約1,000kg/ラック
提供電力 1ラックあたり標準6kVA、高負荷エリアは最大20kVAの電源供給が可能
受電方式 本線予備電源線方式(異変電所より2系統受電)
自家発電装置 72時間連続運転可能、N+1冗長構成(燃料貯蔵タンクおよび管路も冗長構成)
空調設備 外気冷房・局所冷房・AI空調
消火設備 窒素ガス消火設備(N2)
セキュリティ ICカード、生体認証、監視カメラ、フラッパーゲート等
回線 キャリアフリー(複数ルートで引込可能)
規格等

JDCC(日本データセンター協会)Tire2~4
(※ご要件に応じて一定数毎にTierレベルの変更が可能となります。)

新センターの特徴

センターの特徴3つの写真.jpg

  • 高負荷電力・・・1ラックあたり標準6kVA、高負荷エリアは最大20kVAの電源供給を予定しております。高集積サーバ等の搭載も可能です。
  • 専用エリア・・・サーバルーム内を自由に分割しお客様専用エリアのご提供が可能です。個別に入口・前室を設け、セキュリティ要件からご一緒に構築が可能です。
    データセンターinデータセンターも可能です。(ビジネスパートナー様募集中)
  • 事務エリアスペース・・・お客様専用のオペレーションルームとしてご利用頂けます。サーバルームの専用エリアとの連携により、迅速なトラブル対応が可能となります。BCP発動時の活動拠点として最適です。

IDCの特徴の3つの画像.jpg

  • 岡山市は地震・洪水・火山の災害リスクが少ない地域となります。
  • 鉄道・道路・空路ともに充実したアクセスとなります。関東からのお客様は飛行機をご利用頂くととても便利です。
  • 原子力に依存していない安定した電力供給となります。

センターの立地条件

岡山県南部には活断層がない
岡山県南部には活断層がなく、最も近いとされる断層帯からも45km以上離れています。
岡山県内に活火山がない
岡山県内には活火山がなく、最も近いとされる活火山からは100km以上離れています。
津波・水害のリスクが低い

センターの標高は140m以上、海岸線からセンターまでの距離は15km以上です。近隣に河川や湖沼はなく、降雨に対しても予想最大雨量以上の排水能力、オーバーフローの仕組みを備えているため、水害の心配もありません。

液状化のリスクが低い

地盤となる花崗岩層上部の表層土は、せん断派速度Vs=370m/s(N値50以上)の工学的地盤に準ずる強固なものになっており、液状化の可能性もありません。
 

 センターの立地条件の詳細はこちら

サービスのご紹介

お客様側で用意されたサーバやネットワーク機器をお預かりする「コロケーションサービス」やシステムの監視・障害対応など、オンサイトでの運用を24時間365日体制で行う「運用サービス」、弊社センター内で管理している仮想マシン(VM)をご提供する「仮想プラットフォームサービス」など、様々なサービスをご提供しております。

コロケーションサービス

 

(ハウジングサービス)

お客様側で用意されたサーバやネットワーク機器をIDCでお預かりするサービスです。
ラック、電源、回線をご提供いたします。
  • ラックサイズ(フルラック、1/2ラック、1/4ラック、1/8ラック)
  • 電源付帯設備、冗長電源付帯設備(100V、200V)
  • 回線・ケーブリング

   サービスの詳細はこちら

運用サービス

 

(マネージドサービス)

システムの監視・障害対応など、オンサイトでの運用を24時間365日体制で行う運用サービスです。創業以来お客様のデータを預かってきた豊富なノウハウで、高レベルのサービスをご提供いたします。

  • リモートハンドサービス(電源スイッチOFF/ON、LANケーブルの接続確認等の簡易作業)
  • オペレーションサービス(LEDランプ確認、バックアップメディア交換、バックアップ成否確認等)
  • 監視サービス(死活監視(Ping監視)、Port監視、リソース監視、SYSLOG監視等)
  • セキュリティ管理(ログ解析、ウイルス対策状況確認、ウイルス定義ファイル適用等)

   サービスの詳細はこちら

仮想プラットフォームサービス

 

(ホスティングサービス)

堅牢なデータセンター内で管理されている仮想マシンを1VMからご提供するサービスです。スモールスタートが可能なため将来を見据えた大規模な設計や初期投資が不要です。用途に合わせたリソースをお選び下さい。
  • 基本プラン選択、リソース追加
    (最小プラン:CPU 1vCPU メモリ2GB HDD 50GB、最大プラン:CPU 8vCPU メモリ32GB HDD 1.5TB)
  • イメージバックアップサービス、テンプレート保管サービス
  • P2V/V2V移行作業支援、OS初期セットアップ代行、セキュリティ対策、各種運用サービス

    サービスの詳細はこちら

その他サービスのご紹介

Ryobi-IDCでは一般的なデータセンターサービスはもちろんのこと枠にはまらない構成であっても柔軟に対応いたします。グループ企業内に「BPOセンター」を所有しており、資産を電子化・データ化し、データセンターへ直接送ることも可能です。またサーバー運用のアウトソースに加え、業務運用のアウトソースまで一手にお引き受け可能です。

センターとBPO入り画像.jpg

※お客様拠点における既存環境のお引越しや既存システムとの連携を一気通貫して提供いたします。両備グループはアプリケーション開発からSES、インフラまで幅広い分野のサービスを提供しており、お客様のサーバ・クラウド・アプリケーションの活用を多面的にサポートします。

ビジネスパートナー様募集中

お問い合わせお待ちしております。

連絡先:営業統括部 クラウドビジネス営業部  086-264-1104 idcinfo@ryobi.co.jp

 

お問い合わせ

この製品・サービスのお問い合わせはこちら

クラウドビジネス事業部

086-264-1104

受付時間  平日 9:00~17:30

FAX:086-264-1159

新データセンター「Ryobi-IDC第3センター」のご紹介

TOP