クラウド型アルコール検査記録システム「アルコールチェック:ご安全に!」

業種:
  • 業種共通
  • 運輸交通
ソリューション:
  • クラウド
  • 働き方改革

社用車や公用車(白ナンバー)のアルコール検査の管理負荷を軽減

2022年4月より改正道路交通法施行規則が順次施行され、安全運転管理者の業務に「運転者に対するアルコール検査業務」が追加されます。
社用車(白ナンバー)を5台以上使用するすべての事業所や団体が対象となり、目視及びアルコール検知器による記録をデジタルデータや日誌等で「1年間」保存することが求められています。

「アルコールチェック:ご安全に!」は、タブレット端末やPC(パソコン)とアルコール検知器および非接触体温計を自動連携するクラウド型アルコール検査記録システムです。2022年の改正事項の遂行を支援し、安全運転管理者の管理業務をサポート致します。

 

改正道路交通法施行規則(概要)
 ▽ 2022年4月1日から
  ・運転の前後に、運転者の状態を目視等で確認することにより、運転者の酒気帯びの有無を確認すること
  ・目視及びアルコール検知器による記録をデジタルデータや日誌等で「1年間」保存すること
 ▽ 2022年10月1日から
  ・運転者の酒気帯びの有無の確認を、アルコール検知器を用いて行うこと
  ・正常に機能するアルコール検知器を常備すること


【対象となる条件】
社用車5台以上を使用するすべての白ナンバー事業所
定員11名以上の車を1台以上使用している事業所

 

◆法改正の背景
千葉県八街市で2021年6月に飲酒運転のトラックにはねられ児童5人が 死傷した事故を受け、飲酒運転対策が強化されました。 警察庁は事故を起こした車と同様の「白ナンバー」事業者に 2022年10月からアルコール検知器による飲酒検査を義務づけることとなりました。

このような方へおすすめ

アルコールチェック義務化の<br>対応を検討中

アルコールチェック義務化の
対応を検討中

いわゆるドライバー職のみが対象だった『アルコールチェック』。
義務化に向けた対応を運用面を含めて検討しましょう。

記録・管理の仕事が大変

記録・管理の仕事が大変

法改正によって、アルコール検知結果と確認事項の記録が義務化に。
スムーズな運用を社員と管理者の方へご提供します。

拠点間の管理が必要

拠点間の管理が必要

管理者の画面は、拠点を切り替えて結果を表示することが可能です。
離れていても、いつでも内容の確認・管理ができます。

システムの特長

ポイント1

クラウド型システムにより、複数の事業所の情報を一元管理

機器設置した事業所内の管理だけでなく、本社など管理部門が別の事業所にある場合もデータを閲覧することができます。各事業所に管理を任せるだけでなく、会社全体で一元管理を可能にします。

ポイント2

取得したデータから点呼記録簿を自動的に作成

1年間の記録保存義務である確認事項の8項目「(1)確認実施者」「(2)運転者」「(3)使用車両」「(4)確認日時」「(5)確認方法(対面・電話等)」「(6)酒気帯びの有無」「(7)指示事項」「(8)その他必要な事項」について、取得したデータから自動的に点呼記録簿を作成します。クラウドサーバー上に2年間分のデータを保持するため、保管期限を気にすることなく運用いただけます。

ポイント3

検温記録による健康管理、免許証不携帯・更新忘れを防止

検温等により健康状態を客観的に判断可能です。システムを利用する際のログインは、運転免許証のICにより認証を行います。免許証不携帯を防止するとともに、画面上に免許更新までの残日数を表示し、免許証の更新忘れ防止を啓発します。

ポイント4

直行・直帰等の外出先でのアルコールチェックに対応

アルコール検知器および専用アプリと連携し、外出先でアルコールチェックを行ったデータも社内で実施したデータと同様に管理することができます。

※Webブラウザからデータを登録し、検知器メーカーに依存しない環境を2022年夏頃までに、別途構築予定。

ポイント5

測定データが閾値を超えると管理者に自動でメール通知

システムを利用してアルコール測定を行った際に設定しているアルコール測定濃度および検温値が閾値を超えた場合には、登録しているメールアドレス宛に「アルコール検出通知」を自動発信します。通知内容は、「社員コード」「氏名」「検出日時」「測定値」「測定中に撮影した写真」となります。同様に、閾値を超えた検温値を記録した際にもメールの自動発信が行われるため、管理者は利用者への対応を迅速に行うことができます。

システム概要

ALC_gaiyo_01.png

ご提供価格

A タブレット(専用台座付き)※パソコンで代用も可能

B ICカードリーダー

C アルコール検知器

D 体温計

初期費用
クラウド環境構築費 15万円
機器類

約25万円(上記写真の構成)
※お客様にて別途ご準備いただくことも可能です。

ランニング費用
月額利用料

7,000円 / 1ライセンス(利用者端末)
※契約数によって段階的なライセンス単価で提供しております。

出先利用サービス

1,000円 / 5アカウント毎
※同時利用アカウント数に応じてお申し込みください。

※価格はすべて税別表記となります。