医療機関様向け ウェブセミナーのご案内「医療機関におけるセキュリティ対策」

国際情勢を背景に、ランサムウェア等のサイバー攻撃が激化しており、日本国内でも医療機関など公的な機関を始め、大手企業サプライチェーンなど、社会的に重要なインフラに甚大な被害が拡大しています。

厚生労働省は2022年(令和4年)3月に、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン(5.2版)」を示すとともに、「サイバーセキュリティ対策の強化について(注意喚起)」を示し、医療機関を始めとする重要インフラ事業者等に対し、サイバー攻撃の脅威に対する認識を深めるとともに、リスク低減のための措置等を講じることによりセキュリティ対策の強化に努めるよう要請しました。

当社はヘルスケア事業を通じて医療機関のお客様へ、セキュリティに関するコンサルティングを提供してまいりました。さらに2021年東京オリンピック開催以来、サイバー攻撃に関してのご相談が増加しています。

本ウェブセミナーでは、セキュリティ事業で提携をしているセキュリティ専業ベンダーのグローバルセキュリティエキスパート株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社とともに、必要なセキュリティ対策を紹介し、ご参加いただいたお客様のセキュリティに対する問題解決となる情報をご提供いたします。

ウェブセミナー概要

◆医療機関におけるセキュリティ対策

申込フォームよりお申込みください。(事前登録制)

日時

地方自治体職員の皆様2022年7月6日(水)15:00~16:30

対象

医療機関職員の皆様、医療情報システムご提供ベンダー様

主催

株式会社両備システムズ

共催:グローバルセキュリティエキスパート株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 (順不同)

参加費

無料      ※事前申し込みが必要となります。

定員

100名  ※定員となり次第、受付を終了させていただきます。

申込

お申込みはこちらからお願いします。 ※後日、ご視聴用のURLをメールで送付いたします。

項目内容

内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容内容

■オープニング

15時00分 主催者挨拶

株式会社両備システムズ セキュリティ事業部

 事業部長 橋本 晃

 

■セッション1

15時05分~15時35分(30分)

「医療情報システムの安全管理に関するガイドラインとセキュリティ」

  グローバルセキュリティエキスパート株式会社

   取締役西日本支社長 三木 剛

 

■セッション2

15時35分~16時05分(30分)

「医療機関におけるサイバー攻撃の事例とその対応、対策」

  株式会社両備システムズ セキュリティ事業部

   副事業部長 有森 貞和、シニアリーダー 鈴木堅太

 

■セッション3

16時05分~16時25分(20分)

「医療機関がサイバー攻撃を受けた場合に発生するコスト、事故対策の重要性」

  あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

   サイバー保険室 室長 神山 太朗

 

■Q&A

16時25分~16時30分

 

 

このページに関するお問い合わせ

株式会社両備システムズ  インフラ・プラットフォームカンパニー セキュリティ事業部
電話:086-286-1058
メール:sc-webstaff@ryobi.co.jp