ニュースリリース

第32回 全日本DM大賞において銅賞を受賞

32回目を迎える日本最大級のダイレクトメール広告賞である「全日本DM大賞(主催:日本郵便株式会社)」にて、岡山県玉野市様を依頼主(広告主)として制作した「特定健康診査の受診勧奨案内」が銅賞に選ばれ、両備システムズとパートナーである福島印刷様と共に優秀なクリエーターとして表彰されました。

2018 全日本DM大賞

「全日本DM大賞」は、戦略性・クリエイティブ・実施効果などにおいて優れたダイレクトメールが表彰されます。今年は856点の応募の中から、DMやマーケティングの専門家の方々による厳正な審査を経て、30作品が受賞しました。

今回の受賞作は、玉野市様が特定健診の受診を住民に促すために市内約3,000世帯に発送したDMで、両備システムズの取組みが健康増進を目指す社会貢献の一環として、大きく評価された形となりました。

今後も効果的な保健事業サービスの提供をもとにお客様に喜んでいただくとともに、より一層の社会貢献の実現にむけて取り組んで参ります。

受賞を受けた勧奨案内
受賞を受けた勧奨案内

参考
第32回全日本DM大賞
https://www.dm-award.jp/

このページに関するお問い合わせ先

  • 株式会社両備システムズ 社会保障事業部
  • TEL:086-264-1299

TOP