よくあるご質問


IDC全体的なご質問

データセンターへの入退室は24時間可能でしょうか?

24時間365日入室可能です。事前に入館申請が必要となります。

IDC最低利用期間はありますか?

Ryobi-IDCの最低利用期間は1年間となっております。

IDCへの導入実績はどれくらいありますか?

お客様の業種としましては、官公庁・自治体、製造業、サービス業 等幅広く、また多様なシステムをお預かり・運用しております。

アウトソーシングの費用はどの程度でしょうか?

アウトソーシング費用は、お客様システム構成やネットワーク構成・運用委託業務内容によって異なります。詳細なお打合せをさせていただいた上で、最適なコストでご提案します。

預ける機器メーカーに指定はありますか?

Ryobi-IDCはマルチベンダー対応ですので、お預けいただく機器にメーカーの指定等はございません。

利用可能な回線キャリアを教えてください。

キャリアフリーですので、お客様ご希望の回線をご利用いただくことができます。IDC担当にご相談ください。

IDCの設備について教えてください。

Ryobi-IDCの設備をご覧ください。

建物の耐久性について教えてください。

高剛性・高耐力のコンクリート充填銅管柱(CFT柱)の使用、鉛プラグ入り積層ゴム等を組み合わせた優れた免震システム「ハイブリッド免震構造」を採用しており、地震時の水平加速度を約1/8(250gal以下)に軽減します。大地震発生後にも継続運用できる構造です。

空調方式について教えてください。

空調は免震ピット(クールピット)を経由した冷涼な外気を最大限に利用する空調システムを採用しています。また、チラーの散水システムによりエネルギー効率を高めており、自然の力を動力として取り入れ省エネ対策を行っています。

消火設備について教えてください。

窒素ガス消火設備を完備しています。

電気設備について教えてください。

中国電力より本線予備線受電方式で2系統受電しております。

自家発電設備について教えてください。

72時間連続運転可能な自家発電設備を保有しております。

災害時優先供給契約は結ばれていますか。

弊社グループ内の企業と燃料の災害時優先供給契約を締結しており、万一貯蔵タンクの燃料が不足した場合でも燃料を確保し、可能な限り電力の供給を継続することが可能です。

セキュリティ面について教えてください。

セキュリティレベルに応じて区画の分離を行っており、特に重要なサーバルームや重要保管庫等の諸室については、IDカードと生体認証を組み合わせることで、なりすましを防止しています。詳細は、セキュリティのページをご覧ください。


コロケーションサービスについて

IDCで採用しているラックはどのようなものでしょうか?

EIA規格19インチラックをご用意しております。サイズはフルラック、ハーフラック、クォータラックがございます。

ラックの下側に電源用スペースを設けております。開口率80%以上の高い冷却効率を持つドアを設置しています。

隣接ラック間の配線が可能な配置になっています。

詳細は「ラックコロケーションサービス」をご確認下さい。

ラックを持ち込みすることは可能でしょうか?

持ち込みラック設置用のスペースをご用意しておりますので可能です。設置費用が別途必要となりますので、IDC担当までお問い合わせください。

機器セットアップ用のスペースはありますか?

荷解き室(共有スペース)がございますので、機器搭載で開梱が必要な場合などにご利用ください。

専用の個室をご御要望の場合は、レンタルルームがございます。(有償)

電源のメニューについて教えてください。

100Vは15Aと20A、200Vは30Aの電源をご用意しております(回路課金)。個別対応も可能ですので詳細はお問い合わせください。

  • 100V電源のコンセント規格:NEMA 5-15R、200V電源のコンセント規格:NEMA L6-30R
  • 電源は引き込みからお客様ラックまで冗長構成になっています

リモートハンドサービスについて教えてください。

ラックサービスの付帯サービスとなります。(無償)

お客様ご指示による機器のLEDランプ確認、LCDメッセージの確認、機器のOFF/ON等を実施するサービスです。

ラックサイズによって標準提供回数が決まっております。フルラック(4回)、ハーフラック(2回)、クォータラック(1回)。

申込はお客様ポータルサイト(ウェブフォーム)より随時ご依頼が可能です。

バックアップテープ交換やLEDのランプ確認等の運用代行をお願いしたいのですが、可能でしょうか?

可能です(有償)。他の運用管理代行についても、柔軟に対応させていただきます。運用メニューは「マネージドサービス」をご確認下さい。

24時間運用をお願いすることは可能でしょうか?

可能です(有償)。機器やシステムの監視を始め、セキュリティ監視・障害復旧までを専門のセキュリティエンジニアが分析し、24時間365日で対応します。詳細はIDC担当にご相談ください。

ハウジングの機器障害時はどのような連絡体制になりますか?

事前に申し込みいただいているお客様の緊急連絡先へご連絡します。

監視サービスやオペレーション代行サービス等をご契約いただいている場合は、障害検知後すみやかにお客様の緊急連絡先へご連絡します。

あらかじめ提出いただいた手順書に沿ってオペレーションを行う「障害1次切り分けサービス」もございますので、IDC担当までお問合せください。

導入したアプリケーションの操作問い合わせ対応をしていただきたいのですが、可能でしょうか?

Ryobi-IDCには、ヘルプデスクサービスがありますので対応は可能です(有償)。詳細はIDC担当にご相談ください。


バックアップサービス

バックアップサービスの詳細を教えてください。

お客様の用途・コストに合わせたバックアップサービスを3種類ご用意しています。

スグに始めたい方向けの『リモートバックアップサービス』

  • バックアップデータ:100GB~
  • 特徴:必要なデータをクラウドストレージ感覚でいつでも簡単にバックアップ。スケジューリング機能による自動バックアップや簡単リストア機能も備えた簡易バックアップサービスです。
  • 費用:¥19,000~/月 別途初期導入費あり

専用ストレージで自由に構成が可能な『専用NASバックアップサービス』

  • バックアップデータ:2TB~
  • 特徴:お客様専用NASストレージをレンタルし、バックアップを実現します。NASは各メーカー・機種を自由に選択することができるため、幅広いニーズに対応可能なサービスです。
  • 費用:¥49,000~/月 (4TB_NAS×2台) 別途初期導入費あり

被災時のDRサイトも利用可能な『DRサイト連携バックアップサービス』

  • バックアップデータ:1サーバ 500GB~
  • 特徴:バックアップ対象サーバにエージェントをインストール、バックアップ回線の負荷を抑えた環境を実現します。バックアップデータから仮想マシンを自動作成し、災害時稼働サイト(DRサイト)として利用することが可能です。
  • 費用:別途ご相談となります。

詳細はお問い合わせください。


仮想プラットフォームサービスについて

仮想基盤は何を利用されていますか?

VMWareを採用しています。

HA構成を採用していますのでミッションクリティカルで、高い信頼性、性能が求められる業務システムでも安心してご利用いただけます。

検証等の一時利用も可能でしょうか。

可能です。最小利用期間は3ヶ月となります。

監視サービスについて教えてください。

Ping監視、Port監視、SYSLOG監視、リソース監視等の監視サービスがご利用いただけます。

アラート発砲時の連絡はメール通知となります。電話連絡をご希望の場合はオプションサービスとなります。

VPNを構築した場合のONU・ネットワーク機器の設置場所はございますか。

共有ラックサービスがございます。

5U分(棚板1枚含むため実質4U分)をご利用いただけます。電源は主・副500Wまでご利用いただけます。

別途、コロケーションサービスをご契約し、クォータラック(10U)・ハーフラック(20U)等に搭載いただくことも可能です。お客様専用ラックとなりますので個別施錠が可能です。

CPU、メモリ、ディスクを追加することは可能でしょうか。

それぞれ次の通り追加が可能です。

  • CPU: 1vCPU単位での追加(最大構成8vCPU)
  • メモリ: 1GB単位での追加(最大構成16GB)
  • ディスク: 50GB単位での追加(最大構成1TB)

変更時には別途変更登録費用が必要となります。

CPU、メモリ、ディスクを追加する場合、仮想マシンの再起動が必要でしょうか。

必要です。再起動が伴います。

バックアップサービスはありますか。

イメージバックアップサービスがございます。

仮想マシンを1日1回イメージレベルでバックアップし、三世代(3日分)保管いたします。

バックアップ作業時間につきましては別途ご相談となります。

イメージバックアップサービスの復元方法(リストア)について教えてください。

リストア対応に関しましては、直接お問い合わせをお願いいたします。

OSの対応バージョンについて教えてください。

現在提供可能なOSは次の通りです。

  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2012
  • CentOS6.4

Windows Server 2016につきましては、今後提供予定となります。提供が可能になりましたら当サイトで広報予定です。

上記以外のOSの場合は、直接お問い合わせをお願いいたします。

別途インストール代行サービスもございます。

仮想マシンの最小スペック、最大スペックを教えてください。

それぞれ次の通りです。

  • 最小スペック: CPU 1vCPU、メモリ2GB、HDD 50GB
  • 最大スペック: CPU 8vCPU、メモリ16GB、HDD 1TB

LGWAN

LGWANについて教えてください。

総合行政ネットワーク(略称:LGWAN(Local Government Wide Area Network))は、地方公共団体の組織内ネットワーク(庁内LAN)を相互に接続する行政専用のネットワークであり、安全確実な電子文書交換、電子メール、情報共有及び多様な業務支援システムの共同利用を可能とする電子自治体の基盤です。平成16年4月から本格的な運用が開始されています。(参考:総務省自治体行政局地域情報製作室発行の資料参照)

LGWAN-ASP認定登録はされていますか?

弊社データセンターでは、平成26年2月にLGWAN-ホスティングサービスの認定を受け、LGWAN-ASPによる自治体向けアプリケーションの提供を開始しています。

LGWANを利用するメリットについて教えてください。

セキュリティの確保、回線利用料の軽減、コストの削減のメリットがあります。

LGWANはセキュリティの高い回線です。クラウドサービスを新たに利用する場合ですと、専用線を確保する必要がないため、ネットワークへの重複投資の抑制、維持・運営費用の削減が可能になります。また、サーバはIDCの必要なリソースのみを「利用」することで、サーバの保守費や電源・空調等の電気代等、システムの維持管理コストの削減につながります。


その他のご質問

他社との違いや特長を教えてください。

Ryobi-IDCの特長は、

  • 地震等の災害が少なく、中四国の交通拠点である岡山に設置
  • マルチベンダー対応
  • ネットワーク・セキュリティを専門にした100%子会社と連携した幅広い保守サービスが提供可能
  • 安心を与えるISO/IEC27001やプライバシーマークの取得
  • 500名以上のSEとCEが即座に対応できる距離にいるため、迅速な対応が可能

IDCの見学は可能でしょうか?

導入をご検討されている場合は可能です(一般見学は不可)。ただし、事前に申請いただく必要がございますので、IDC担当までお問合せください。


Ryobi-IDCに関するお問い合わせ