RSコラム

「プログラミング」が2020年より小学校で義務教育化されたことも手伝って、最近子ども向けの習い事として「プログラミング」が増加。その流れから最近では、小学生でもプログラミングを学べる教室が増えてきています。ただ、プログラミング教室といっても小難しいロジックを組むのではなく、もっと視覚的に楽しくプログラミングができるようです。

Scratchとは

みなさん「Scratch(スクラッチ)」はご存知でしょうか? 子供向けプログラミング教室でよく利用されている、ビジュアルプログラミングを用いたプログラミング環境です。マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ(Media Lab)のライフロングキンダーガーテングループ(Lifelong Kindergarten Group)が開発しています。

ビジュアルプログラミングとは、「命令」がブロックとして用意されており、そのブロックをパズルを組み立てるようにいろいろ組み合わせることで、プログラミングができる環境です。そもそも「プログラミング」とは、さまざまな「命令」(Scratchの場合は、例えば猫の絵に「動け」「鳴け」と命令する)を組み合わせて、コンピュータに実行させることです。英語だと「programming」、つまり「(コンピュータに命令する順序を)計画する」ということです。

「コンピュータに命令する」と聞くと「専門的な文字をたくさん書かないといけないため、よく分からない」と思うかもしれませんが、マウス操作だけでできるビジュアルプログラミングなら、流れが視覚的にわかりやすく、子どものプログラミング教育の現場でもよく使われているようです。

実際に使ってみた

前置きはこのあたりにして、実際に「Scratch」をつかってみました! 実際の画面は次の通りです。

今回はその「Scratch」で、鬼ごっこをするプログラムを組んでみました。

scratch-introduction-fig01.png

赤枠部はステージと呼ばれるいわゆる「UI」部分です。赤枠の下では、登場させるキャラクターを設定できます。キャラクターを追加したり削除したりも可能です。

黄枠部分にはキャラクターごとに、イベント一覧・変数設定・見た目の変化や動作の変化の一覧があり、それらを右側隣の緑枠部分でパズルのように組み立てて、プログラミングを行っていきます。

今回は赤枠のにある水滴の形をした「Pico Walking」を鬼とし、右上の「Sprite1」をマウスポインターに向かって歩くようにプログラミングして、鬼ごっこをさせました。次の画像は鬼に捕まってしまったときの画像です。

scratch-introduction-fig02.png

実際にScratchを使ってみて難しいロジックを書くことなく、パズルのように組み立てていくだけなので、なかなか面白いと感じました。

2016年に開催したファミリーデーでは、このScratchを使ってプログラミング体験してもらいました。手順を追って説明をしていきましたが、飲み込みが早いお子さんは自分で動きをカスタマイズするなど、楽しそうに取り組んでいました(お子さんの横についていた大人も夢中に…)。

ぜひ皆さんも体験してみてください。

TOP