配送実績・車両運行管理システムの構築

概要

スマートフォン利用で、荷物の配送状況、運行状況のリアルタイム確認が可能に!!


従来、車載端末としてはハンディターミナル(HT)などを使用して、実績管理を実施していたが、リアルタイムに状況が把握できず、顧客満足度向上には繋がっていなかった。しかし、車載端末をスマートフォンとし、情報通信も双方向とすることにより、荷物の配送状況、車両運行状況の把握がリアルタイムに確認可能となり、顧客満足度が大幅に向上した。

ポイント

車載端末にスマートフォン採用

  • ハンディーターミナル機能、GPS機能、通信機能が一つの端末に集約利用でき、構成が非常にシンプル。
  • 端末OSに 「Windows Mobile」 を採用したことにより、ハードウェアメーカーに縛られず、自由に端末の選択が可能に。

FOMA網を利用したリアルタイム通信

  • docomo領域なら何処でも通信可能となり、配送実績、車両情報をリアルタイムに確認可能。

Web情報配信

  • 配送状況、車両状況をWebブラウザで閲覧できるため、Webブラウザ起動端末であれば、何処でも閲覧可能。

導入効果

荷物の徹底管理

リアルタイム実績送信、GPSによる車両位置管理、各配送地点への到着予想により、何がいつどこに到着するか(到着した)という徹底した荷物管理が可能になり、顧客の利便性が大幅に向上。

顧客からの問合せ対応工数削減

配送状況を顧客向けにWeb配信することにより、問い合わせが大幅に減少し、対応工数がほぼゼロに。

車載端末の保守性

車載端末はスマートフォン1台のみのため、従来の方式(ハンディ+GPS+通信機器)に比べて保守性が大幅にアップ。万が一の故障の際にもスマートフォン本体を代替機に交換することで、簡単に業務の継続が可能。

システム機能

カテゴリ コンテンツ
Ⅰ 配送管理機能 配送実績管理
配送状況参照
月次締め処理
請求書発行
Ⅱ 車両運行管理機能 運行情報管理
車両位置地図表示
走行履歴管理
到着予測計算
Ⅲ ハンディーターミナル機能 配送予定データ取込
バーコードスキャン
荷積、荷降実績送信
車両位置情報送信(GPS)
Ⅳ FOMA通信機能
Ⅴ その他 配送計画、配車計画入力
荷札ラベル出力
マスタメンテ(ルート、車両、乗務員、単価、ユーザ等)