自動倉庫物流制御システムの標準化

概要

自動倉庫システムとの連携部分を標準化し、各拠点展開時のシステム導入により費用軽減とスピードアップ!

課題

  • 各拠点設備のリプレース及び、新工場建設など自動倉庫に関連する改修工事が多発しており、その都度自動倉庫メーカーに上位システムとの連携の為のシステム構築を依頼し費用が発生していた。
  • 自動倉庫メーカーが拠点により異なるため、各拠点展開・改修のたびに、メーカー側システムの修正を依頼する必要があった。

導入効果

費用軽減と導入スピードアップ

自動倉庫リプレース及び新設時に、自動倉庫側のインターフェースを変更せずに、RSOL製作システムの設定項目のみ修正することにより、上位システムとの連携が取れるようになり、費用軽減と導入スピードアップが実現できた。

システム導入範囲

システム導入範囲

システム詳細

システム詳細